看護師の子育てと夜勤






トップページ » 子育てしながら、夜勤もしたい!うまくバランスを取るには?

子育てしながら、夜勤もしたい!うまくバランスを取るには?

看護師として働くには、いくつかの選択をする必要があります。その一つが夜勤です。

義母でも実母でも、自宅で一緒に過ごしているのなら、子供に対する影響は少ないでしょう。しかし、夜勤のたびに祖母宅へということになると、子供によっては自分の居場所がわからなくなって、精神的に不安定になってしまうことがあります。  夫に頼む場合はよく注意しなくてはなりません。男性の方が残業や付き合いでの食事等も多く、託児所への迎えから夕食・入浴・寝かしつけ・翌朝の託児所への送りを本当に夜勤のたびにできるでしょうか。  両親や夫のサポート体制があるかどうかという問題点に加え、子供が受け入れられるかどうかを検討し、夜勤をするのなら家族ぐるみでの協力が必要になります。

 

しかし、夜勤は悪いことばかりではありません。毎日日勤だと、子供と生活時間がほぼ一緒なので、ひたすら毎日食事の支度に片づけや洗濯で、子供と関わる時間は意外に少ないものです。

夜勤をやると、夜勤明けで少し寝て家事をこなすと、託児所の迎えにいつもより早く行けるし、夜もゆっくり子供と向き合うことができます。自分自身の時間もとることができるようになるし、銀行の用事や、保育園や学校行事も休みをつぶさずにできます。

準深を通しで一度やると、前後の休みがかなりあります。平日に加え土日にも美容院に行くからみてくれとはなかなか言いづらいし、子供との時間も減ってしまいますが、夜勤をやると夜勤明けで行けます。お母さんだって、美容院くらい気兼ねなく行きたいですよね。

 

大抵急変やステルベンがあるのは夜勤帯です。やはり看護師としての経験を養うためにも、ある程度の病棟や救急の夜勤はやっておきたいもの。急変対応や経験値の低い中年ナースになってしまうのは避けたいですね。

 

ですから、夜勤をやるだけの環境が整っているのなら、是非病棟夜勤をやるべきです。それでも大変だと思うなら職場を変えれば良いのです。病棟の夜勤の経験は必ず自分自身の実になります。

   

夜勤といっても、働き方はいろいろあります。月に2回だけ特定の曜日に夜勤を入れておき、毎週その曜日を「おばあちゃんちに泊まりに行く日」としておけば、子供は戸惑わないし、夜勤のない日には自分の時間がとれます。

 

体制が整っていないのなら、子育て期は夜勤をしないとすっぱり諦め、負い目を感じないことです。夜勤にこだわらなくても、看護の仕事は奥深く、たくさんあるのですから。

   

看護師の強みは働き方を選べるところです。逆に言うと、枠にはめて融通を利かせてくれない職場にわざわざいるメリットはありません。  第一優先は子供・家族ですから、自分の大事にしたいポイントを人材紹介会社に伝えることで、毎週何曜日に、月何回夜勤ができます」と病棟勤務なり外来勤務なり、施設なりを探してもらうことが可能なのです。

 

置かれている環境を考え、仕事・家庭・自分自身の時間という3つのバランスを保つために、どのくらいのペースで仕事をしたらよいか自分でラインを引きましょう。そして、子育て期を上手にのりきって、ナースとしても母としてもエキスパートな40代・50代を迎えましょう。