看護師の子育て~誰もが抱える悩み~






トップページ » 看護師の子育て~誰もが抱える悩み~

誰もが抱える悩みについて

働くお母さんは、みんな悩みや葛藤を抱えながら仕事をしています。純粋に仕事が好きだからと、わざわざ精神的にも肉体的にもハードな看護師として働いている人はほぼ皆無でしょう。

 

収入的に必要だから仕事をしているのだと思います。その収入は誰のためかというと、子供のため。けれども、仕事をすることが子供にとって負担になってしまったり、子供がいるから仕事ができないという事態に陥ってしまうと、悪循環になってしまいます。

  • ・本当に今の働き方でいいのだろうか?
  • ・子供にとって、負担になっていないだろうか?
  • ・どうしたらもっと時間を作れるだろうか?
  • ・どうしたら家事と育児のバランスがとれるだろうか?
  • ・夜勤ができないとダメだろうか?
  • ・子供が大きくなるまでは、仕事は辞めた方がいいだろうか?
  • ・子供を理由にして、楽な道に逃げていないだろうか?
  • ・自分のステップアップに、今の働き方でつながるだろうか?

あなたは今これらの悩みや葛藤を抱えているかもしれませんね。このように悩むことは悪いことではないし、悩むからこそよりみんながハッピーになれる方法を探すのではないでしょうか。

ですから、どんどん悩みましょう!そして、子供と仕事に自分を成長させてもらいましょう。

働くお母さんは、強いですよ。仕事でストレスを受け、疲れて家に帰ったら秒殺で家事が待っていますし、上手に子供との関わりを持たないと時間がありません。 そんな風に働きながら・悩みながら・時間のやりくりをしたり、人間関係を円滑にする方法を身に付けていくのです。ただ家にいて、幼稚園のお迎えの時にママ友としゃべっているだけでは、これらは身につきません。

私たちはたくさんの選択をしていきます。一つ一つの選択をしていくことで、自分にとって大事なものやそうでないものの選別をしていきます。働くお母さんに「全て」は時間的に無理だからです。 選択を続けていくと、残ったものを大切にできるようになります。それはもちろん子供であり、家庭ですよね。健康や自分のリラックスタイムも加わるかもしれません。そして「自分」という芯が通り、子供にとって絶対の安心感を与えてくれる存在になります。

「私は私、大事なものはこれ」とピンと筋が通った女性って、恰好いいですよね。でも、その過程では悩んだっていいし、本当の意味ではずっと悩み・成長し続けながら働くのです。そこでヒントを一つ。

一人で抱えこまないことです。周囲を巻き込んで、助けてもらいながらでいいのです。その方が、結果として心のゆとりになりますし、子供にとってもいいのです。キリキリしているお母さんを見るより、上手に他の人の手を借りながらイキイキとしているお母さんの方が、子供はきっと大好きです。

みんな悩みながら働いています。家にこもっていないで、悩みながら仕事してみましょう。最初からフルタイムの勤務ではハードルが高いのなら、半日からでもいいじゃないですか。そして段々鍛えられたら、仕事の割合を増やしていけばいいのです。 せっかく看護師になったのですから、ほんの数年働いて家にいるだけではもったいない。あなたの力を欲している看護師仲間はいっぱいいますよ。