看護師の子育てと土日出勤






トップページ » 子育てと土日出勤のバランスをうまく取るには?

子育てと土日出勤のバランスをうまく取るには?

病棟や施設に土日祝日はありません。パートとしてなら「土日祝日休みの平日のみ」で許されるところもあるでしょうけれど、基本的に土日休みを希望しておいて正規職員で採用されることはないでしょう。

 

とはいっても、土日祝日は託児所や保育園に預けるのは難しいし、土日まで親に頼めないとなれば、それは仕方ありません。子供が第一優先ですからね。それに土日まで頼んで、遠慮しながら病棟で働くことを考えなくても、看護師にはいろんな働き方があるのですから。

   

一番良いのは外来勤務でしょう。外来は基本的には日曜と祝日は休みですね。土曜日は各病院・クリニックによって違いますので、そこが交渉のしどころです。  外来看護師が夜勤の手伝いや救急を当番制で手伝うということもありますが、1か月で1回日曜日をつぶせばあとは正規でも土日祝日休みにできるのなら、その1日は妥協すべきところです。

 

場合によっては本当に土日祝日休みの残業なしという契約を結ぶことが可能かもしれません。ただし、その時には職場全員が同じ条件ではないことを覚悟する必要があるでしょう。いくら外来といえど、全く残業のない部署はありません。だとしたら、自分がやらない分を誰かが残ることになるのです。それを毎日「契約ですから」とドライに帰っていては、職場の人間関係は良くなりません。

   

月に1回か2回なら土日勤務もできますとするのか、平日は残業もしますから土日祝日は休みにしてくださいとするのか、自分でラインを引かなくてはなりません。あれもこれもしたくないでは正規職員としては責任感がなさすぎます。そのような姿勢は、時間内の仕事にも現れるものです。

 

しかし、どうしても核家族で残業も土日も無理だというのであれば、パートとして勤務するという手段をとってもいいと思います。その場合、限られた時間でいかに内容の濃い仕事をするか、自分で意識をどう高めるかが大事です。「どうせパートだから」では看護師はいけません。

 

パートで更に時短で帰りたいという場合、病棟勤務ではフリーとしての仕事がメインになるでしょう。フリー業務は毎日ですと、やりがいが減るかもしれませんし、逆に気楽で良いという人もいるでしょう。  仮にそこで受け持ちを持たせるようであれば要注意です。時間までに誰かが自分の担当患者を引き継いでくれなくては帰れませんから。

   

週に何日、何曜日、何時まで、夜勤はどうか、どこで働くか。その希望を通すために、自分の妥協できる点はどこか。これをしっかり自分で線引きしておかなくては、人材紹介会社のスタッフもあなたに合った職場をみつけることができません。

 

かといって、無理は禁物。子どもにも影響が出ます。子育てをめぐる環境は人それぞれ。そして子供の性格や体の強さ、自分のキャパシティも人それぞれ。家族とゆっくり話し合って、自分のできる範囲の仕事を確実に・誠実に行うことが何よりも大事です。